• gsktn8

数次相続(数世代間に渡る相続・先々代名義のままの不動産があったら・・・)


 数次相続とは、数世代間にわたる相続のことをいいます。

 相続が発生したからといって、いつまでに相続登記を申請しなくてはならないという決まりはありません。

 相続登記(不動産登記)をしなくてはならないというような法律上の義務はないのです。

 一方で、相続登記を申請すると、登録免許税等の費用が掛かります。戸籍を集めたりの手間もかかります。

 あるいは、相続の話し合いがまとまらず、登記をせずに放置しておくということもあるかと思います。

 このような事情から、相続登記をしないでそのままにしておくということは比較的よくおこなわれているかと思います。

 場合によっては、数十年以上相続登記をせずに放置するということもあるかと思います。

さて、そのようにして相続による所有権移転登記をしないでいるうちに、相続人が亡くなってしまうことも珍しくありません。

 このように、仙台の相続手続きが終わらないうちに、次の代の人も亡くなってしまい、新たな相続が発生するというのが、典型的な数次相続の事例です。

 今回は、そのように、相続登記をしないでいるうちに、相続人が亡くなってしまい、さらに新たな相続が発生した場合の相続登記について考えていきたいと思います。

 数次相続の場合、相続が二回発生しているわけですから、二回の相続それぞれに必要な書類が必要になってきます。

 また、遺産分割協議に参加する必要がある人も、二回の相続それぞれの相続人すべてということになります。

 ここまでは、問題ないとして、数次相続の場合、問題となるのは一件の登記で済むかということです。

<一件の登記で済むか、連件で複数件の登記を入れる必要があるか>

 最初の相続と次の相続を別々に申請(二連件で申請)できるのは当たり前です。

 ただ、そうすると、最初の申請と二回目の申請でそれぞれ登録免許税がかかってしまいます。  もし一件の登記で済めば、一回分の登録免許税が節約できることになります。  相続登記が一件の申請で済むかどうかは、登録免許税が結果的に半分になるという意味で実益があることになります。

 ですので、できることならば、一件で相続登記を済ませたいところです。  

 結論から言うと、

中間の相続が単独相続の場合は一件の登記で済みます。

中間の相続が複数人で行われていた場合、最初の相続と次の相続は別件で登記しなくてはなりません。

 というように、中間の相続がどうなるかで結論が変わってきます。

 次のような例を考えてみます。

おじいさんがA

お父さんがB

お子さんが二人でC、D

お父さんの弟さん(おじさん)をE

おじさんの子ども(いとこ)をF、G

おじいさんのA名義の不動産がある

わかりやすくするために、それぞれの配偶者については触れないこととする。

①亡くなったおじいさん名義の土地をC、Dの共有名義にする場合

 この場合は、AからBに相続されてBからC、Dに相続されたという流れになります。

 従って、中間の相続人は一人(単独相続)です。

単独相続で登記が一件で済む場合の登記申請書の記載例については

相続登記申請書(数次相続・相続登記が一件で済む場合)

をご覧ください

②CとFが不動産を取得する場合

 この場合、AからBとEに相続され、Bに相続された持分がCに、Eに相続された持分がFにそれぞれ相続によって移転していることになります。

 従って、この場合は、中間の相続人が二人おり、中間の相続が単独相続ではないことになります。

 最初のケースは、中間の相続が単独相続(中間の相続人が一人しかいない)ので、一件で相続による所有権移転登記ができるケースになります。

 一方、次のケースは、中間の相続が単独相続ではない(相続人が二人いる)ので、連件で相続登記を入れなくてはなりません。

 このケースでは、

AからBとEへの相続を原因とする所有権移転登記

BからCへのB持分全部移転登記

EからFへのE持分全部移転登記

 の三連件登記を申請する必要があります。

<中間の相続が単独相続であるという意味について>

 なお、中間の相続が単独であるという意味ですが、物理的に中間の相続人が一人しかいないという場合だけではありません。

 遺産分割協議や相続放棄等によって、結果として中間の相続人が単独になった場合も含まれます。

 上記の例でも、遺産分割協議の結果、中間の相続人が単独になった場合ですが、中間の相続を単独相続とみて、一件の登記で相続登記をすることができます。

<代襲相続と数次相続の混同に注意>

 なお、数次相続と混同しやすいものとして、代襲相続がありますが、数次相続と代襲相続では相続人の範囲等が変わってしまうので、注意が必要です。

 数次相続はおじいさん→お父さんの順番で亡くなった場合ですが、お父さん→おじいさんの順番で亡くなった場合には代襲相続の問題となります。

 どうしても、生まれたのが早い順に亡くなっていくという思い込みがありますが、そうでないケースも少なくなく、亡くなる順番で相続人の範囲が変わってきたりするので、注意が必要です。


1,950回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

相続登記に権利証(登記済証・登記識別情報)は必要か?

相続登記(相続を原因とする所有権移転登記)を申請するのに、権利証(登記済証)の添付は必要でしょうか? その前に、権利証について簡単に説明すると、権利証とは正式には登記済証と呼ばれるもので、かつて、登記が完了した証として、法務局の印判が押されて、法務局から交付されていたものです。 なお、現在では、登記情報のオンライン化に伴って、登記済証の代わりに、登記識別情報通知というものが発効されています。 今後

被相続人の登記上の住所が最後の住所と違っていたら、被相続人の住所変更登記が必要か?

相続登記をしようと思ったら、被相続人(亡くなった人)の住所が以前の住所のままだったというようなことがあります。 所有権の登記名義人の住所が変わったからと言って、住所変更の登記しなくてはならないと決まっているわけではありません。 住所変更登記は面倒ですし、お金がかかりますし、登記をしなくてもすぐに不利益が生じるわけでもないので、住所変更登記をせずに放っておくということは、比較的よくあることです。 で

遺留分減殺請求と相続登記

遺留分とは、相続人が持っている固有の権利のようなものです。 遺留分を侵害するような遺言や贈与があった場合でも、遺留分については、相続人固有の権利として主張することができます。 ただ、この遺留分の特徴として、主張して初めて実現する権利であり、何もしないでも自然に手に入れることができるものではないということがあります。 その遺留分を主張することを遺留分減殺請求といいます。 では、遺留分減殺請求がされた

対応地域

調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、立川市、狛江市、小金井市、国分寺市、国立市、稲城市、多摩市、八王子市ほか、東京都多摩地域

世田谷区、杉並区、中野区、新宿区、渋谷区ほか、東京23区

川崎市麻生区、川崎市多摩区、ほか、神奈川県、埼玉県等の首都圏

その他、ご依頼があれば全国まで対応いたしますので、ご相談ください(手続によっては面談が必須となります)

取扱業務

​相続手続(相続登記、相続放棄など)、遺言書作成、不動産登記、商業登記、会社設立、役員変更、債務整理、過払い金返還請求、成年後見など。

 

© 2015 by こうご司法書士事務所  Wix.comで作成したホームページです。

東京都調布市の過払い金返還請求、債務整理、相続、登記、成年後見