• gsktn8

相続・遺贈と農地法の許可


 農地を売買したり、賃貸したりするときには、都道府県知事や農業委員会の農地法所定の許可が必要になります。

 具体的には、農地の売買を原因とする所有権移転登記の際には、農地法の許可が下りたという許可証を添付する必要があります。

 農地を護るために、このような制度(規制)があるのです。

 この農地法所定の許可証の添付は、所有権移転登記に常に必要なわけではなく、許可証の添付が不要な場合もあります。

 農地法の許可が不要な代表的な例が相続です。

 また、遺産分割や遺留分減殺も農地法の許可証の添付は不要とされています。

 では、相続ではなく、遺贈だったらどうでしょうか?

 遺贈の場合、特定遺贈か包括遺贈か、相続人に対する遺贈か相続人以外の人に対する遺贈かによって、結論が変わってきます。

 まず、特定遺贈と包括遺贈の違いについて簡単に説明したいと思います。

 包括遺贈とは、財産の二分の一を遺贈するというように、特定の財産ではなく、全財産の割合に応じて遺贈するタイプの遺贈です。

 一方、特定遺贈とはどこどこの土地を遺贈するというような特定の財産を遺贈するというようなタイプの遺贈になります。

 まず、包括遺贈の場合、農地法所定の許可は不要になります。  受遺者が相続人である場合でも、相続人でない場合でも同様です。  つまり、包括遺贈の場合受遺者が誰であれ、農地法の許可は不要ということになります。

 特定遺贈の場合はどうでしょうか?

 特定遺贈の場合、受遺者が相続人かどうかで変わってきます。  受遺者が相続人の場合、農地法所定の許可は不要です。  受遺者が相続人でない場合、農地法所定の許可は必要です。

 つまり、

特定遺贈で、かつ受遺者が相続人でない場合のみ、農地法所定の許可が必要

ということになります。

 なお、以前は相続人に特定遺贈するときにも農地法所定の許可が必要とされていました。

 平成24年12月14日法務省民二第3486号という通達によって、扱いが変わり、現在では許可は不要とされています。

 このように、登記実務は、法務省の通達一つで制度が変わってしまうことがあるので注意が必要です。

 特定遺贈の場合の農地法の許可の要否は、登記や法律についての古い情報を利用する場合には注意が必要だることの代表例だと思います。

 ネットで相続や登記法律の情報を得る方も少なくないでしょうがこれらの情報を得る場合、その情報が最新の情報かどうかに常に留意する必要があるのではないでしょうか。


516回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

相続登記に権利証(登記済証・登記識別情報)は必要か?

相続登記(相続を原因とする所有権移転登記)を申請するのに、権利証(登記済証)の添付は必要でしょうか? その前に、権利証について簡単に説明すると、権利証とは正式には登記済証と呼ばれるもので、かつて、登記が完了した証として、法務局の印判が押されて、法務局から交付されていたものです。 なお、現在では、登記情報のオンライン化に伴って、登記済証の代わりに、登記識別情報通知というものが発効されています。 今後

被相続人の登記上の住所が最後の住所と違っていたら、被相続人の住所変更登記が必要か?

相続登記をしようと思ったら、被相続人(亡くなった人)の住所が以前の住所のままだったというようなことがあります。 所有権の登記名義人の住所が変わったからと言って、住所変更の登記しなくてはならないと決まっているわけではありません。 住所変更登記は面倒ですし、お金がかかりますし、登記をしなくてもすぐに不利益が生じるわけでもないので、住所変更登記をせずに放っておくということは、比較的よくあることです。 で

遺留分減殺請求と相続登記

遺留分とは、相続人が持っている固有の権利のようなものです。 遺留分を侵害するような遺言や贈与があった場合でも、遺留分については、相続人固有の権利として主張することができます。 ただ、この遺留分の特徴として、主張して初めて実現する権利であり、何もしないでも自然に手に入れることができるものではないということがあります。 その遺留分を主張することを遺留分減殺請求といいます。 では、遺留分減殺請求がされた

対応地域

調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、立川市、狛江市、小金井市、国分寺市、国立市、稲城市、多摩市、八王子市ほか、東京都多摩地域

世田谷区、杉並区、中野区、新宿区、渋谷区ほか、東京23区

川崎市麻生区、川崎市多摩区、ほか、神奈川県、埼玉県等の首都圏

その他、ご依頼があれば全国まで対応いたしますので、ご相談ください(手続によっては面談が必須となります)

取扱業務

​相続手続(相続登記、相続放棄など)、遺言書作成、不動産登記、商業登記、会社設立、役員変更、債務整理、過払い金返還請求、成年後見など。

 

© 2015 by こうご司法書士事務所  Wix.comで作成したホームページです。

東京都調布市の過払い金返還請求、債務整理、相続、登記、成年後見