• gsktn8

養子と相続(養子になってからも、元の家との関係がなくなるわけではなく、元の家との相続関係も存続する)


今回は、養子と相続について、いくつか書いてみたいと思います。

<そもそも養子とは?>

 養子とは、養子縁組をし、それを届け出て、はじめて成立します。

 婚姻に際して妻の姓を称したり、妻の家に住むことを婿養子になるといったりすることもありますが、仮に婚姻時に妻の姓を称しても、養子になったわけではありません。

 従って、妻の姓を称しただけでは、夫が妻の親の相続人になることはありません。

 あくまで、養子とは、養子縁組をして、それを届け出た人のことを言うのです。

<実の親や兄弟との関係>

 養子について一番多い誤解は、ほかの家に養子に入ると、元々の家とは関係なくなるのではないかということかもしれません。

 しかし、養子に入ったからと言って、元の家と関係なくなるわけではありません。

 養子に入ると、養子先との親族関係がスタートしますが、元の家(実方)との親族関係も継続したままになります。

 従って、養子は、実方の両親及び養方の両親の推定相続人となります。

 また、養子が直系卑属をもうけることなく亡くなった場合、養子先の親と生まれた家の親が相続人となります。

 この場合で、直系尊属もいない場合、養方と実方の兄弟が相続人となります。

 なお、特別養子といって、実方との親族関係をなくす養子の形態もありますが、普通養子に比べてあまり利用されていない のが現状です。

<幼いころに他家に養子に出たきょうだいがいるような場合>

 このように、特別養子を除いて、他家に養子に出たからといって、元の家との関係はなくならず、相続関係も存続します。

 従って、幼いころに他家に養子に出て、ほとんど連絡を取っていなかったようなきょうだいがいたとしても、その方は親御さんが亡くなったときの相続人になります。

 この方を除いて遺産分割をすることはできません。

 他の家の養子になったからといって、親族関係や相続関係が絶たれるわけではないので、ご注意ください。


閲覧数:453回0件のコメント

最新記事

すべて表示

地番と住所の違いについては、ネット上にも色々な情報があふれているので、その違いの説明は省略したいと思います。 相続登記をはじめとする不動産登記で重要なのは、「地番」という住所と違う概念があり、対象となる不動産の地番(建物の場合には家屋番号)を知らないと、登記申請(名義書き換え)ができないということです。 では地番はどうやったらわかるのでしょうか? 例えば、登記識別情報通知や登記済証(いわゆる権利証

2024年(令和6年)から、相続登記が義務化されます。 これまで、相続登記(を含む全ての不動産登記)は、義務ではありませんでした。 これまでは、「相続登記はいつまでにすればいいんですか?」と質問された場合の回答は、「相続登記はは義務ではないので、いつまでにしなくてはならないというような期限はありません」というのが答えでした。 実際、相続登記がなされずに、そのまま放置されるという例は珍しくありません

相続登記(相続を原因とする所有権移転登記)を申請するのに、権利証(登記済証)の添付は必要でしょうか? その前に、権利証について簡単に説明すると、権利証とは正式には登記済証と呼ばれるもので、かつて、登記が完了した証として、法務局の印判が押されて、法務局から交付されていたものです。 なお、現在では、登記情報のオンライン化に伴って、登記済証の代わりに、登記識別情報通知というものが発効されています。 今後