相続財産管理人選任申立

 

 被相続人が亡くなって相続人がいない場合、残された財産は、原則として国庫に帰属したり、他の共有者に帰属したりすることになります。

 

 しかし、相続人なくして亡くなった場合でも、債権者に債務の弁済する必要があったり、受贈者に財産を遺贈したり、特別縁故者への分与を行ったりするために、相続財産を管理する必要が出てくる場合があります。

 

 そうした相続人がいない場合に相続財産を管理する人が相続財産管理人になります。

 

<相続財産管理人が必要となる可能性のあるケース>

 そう続人が不存在の場合で、主に、相続財産管理人選任が必要となる可能性があるのは次のケースになります。

●相続財産から債権を回収したい

●特別縁故者として相続財産の分与を受けたい

●不動産の共有者が亡くなった場合に、共有者の持分を取得したい

 例えば、相続人なくして亡くなった方の内縁の妻だった方や事実上の養子だった方は、特別縁故者として財産の分与を受けられる可能性があります。

 或いは、亡くなった方にお金を貸していた方がいたとしても、相続財産を管理する人がいなくては、貸金を回収することができません。

 その前提として、相続財産管理人の選任という手続が必要となります。

 

 こうご事務所では、家庭裁判所に相続財産管理人の選任を申し立てる手続を承っております。

 亡くなった方の内縁の妻だった方や養子縁組はしていなかったが事実上の養子だった方は、特別縁故者に該当する可能性があります。

 特別縁故者として、故人の方の財産を引継ぎたいという方等は、がいらっしゃいましたら、まずはお気軽にお問合せくださいませ。

 特別縁故者についての詳細は、特別縁故者に対する相続財産分与の申立のページをご覧ください。

 なお、相続人がいない場合とは、被相続人に物理的に相続人がいない場合だけではなく、相続放棄の結果、誰も相続人がいなくなったような場合も含みます。

 また、特別縁故者として故人の財産を引き継ぐには、家庭裁判所に特別縁故者に対する相続財産分与の申し立てをし、認められる必要があります。

 

 相続財産分与の申し立てとその前提としての相続財産管理人申し立てには、費用や報酬が掛かりますが、それらの手続きをしても必ず特別縁故者として財産を引き継げるわけではないので、ご注意ください。

 

 不動産を共有している方で、共有者が亡くなった場合にも、相続財産管理人の選任が必要な場合があります。

 相続人不存在の場合、債務の精算等が行われ、次にもし特別縁故者がいる場合には、家裁の審判で認められれば、特別縁故者が財産を取得します。

 もし、特別縁故者がいない(決められた期間内に特別縁故者からの財産分与の申立がなかった)場合には、相続財産は、単独所有のものなら国庫に帰属します。

 相続財産が共有の場合には、共有者に帰属します。

 ただ、相続人がいないからといって、共有財産が自動的に共有者に帰属するわけではありません。

 相続財産を共有者に帰属させるためには、まず相続財産管理人を選任し、相続財産管理人に債務の精算等を行ってもらい、その後、一定期間内に特別縁故者が現れなかった場合(特別縁故者への相続財産分与の審判が却下された場合も含む)に初めて、相続財産が共有者に帰属することになるのです。

 従って、共有者として、故人の財産を取得するには、まず、相続財産管理人選任を申し立てることからスタートする必要があるのです。

 なお、最終的に不動産が共有者に帰属することになった場合でも、不動産が自動的に共有者名義になるわけではありません。

 この場合には、特別縁故者不存在確定を原因とする持分全部移転登記をする必要があるのです。

 

 

相続財産管理人選任申立の報酬

 

相続財産管理人選任申立      100,000円

 

 

 

 

 

  

無料相談受付中!
 042-444-7960

​​  gsktn@kyf.biglobe.ne.jp

 

対応地域

調布市、三鷹市、武蔵野市、府中市、立川市、狛江市、小金井市、国分寺市、国立市、稲城市、多摩市、八王子市ほか、東京都多摩地域

世田谷区、杉並区、中野区、新宿区、渋谷区ほか、東京23区

川崎市麻生区、川崎市多摩区、ほか、神奈川県、埼玉県等の首都圏

その他、ご依頼があれば全国まで対応いたしますので、ご相談ください(手続によっては面談が必須となります)

取扱業務

​相続手続(相続登記、相続放棄など)、遺言書作成、不動産登記、商業登記、会社設立、役員変更、債務整理、過払い金返還請求、成年後見など。

 

© 2015 by こうご司法書士事務所  Wix.comで作成したホームページです。

東京都調布市の過払い金返還請求、債務整理、相続、登記、成年後見